2023年 第6回合不合判定テスト

四谷大塚 合不合判定テスト 模試の情報まとめ

本日の第6回合不合判定テストについて、中学校会場・結果データをお伝えします。

ついに合不合も最終回となります。合不合は全6回のうち、第3回〜第6回の平均偏差値が持ち偏差値となります。みなさんの実力を出し切れることを願っています。

試験後に結果情報を更新します。

[AD]

2023年 第6回合不合判定テスト

日程:2023年12月10日(日)

中学校会場

今回の模試での中学校会場(首都圏)は以下の通りです。

学校名四谷大塚説明会学校説明会場所上履き説明会予約備考
大宮開成中学校8:40~9:409:40~10:40当日ご案内します不要受験生も上履きが必要です
開智日本橋学園中学校8:40~9:409:40~10:405階ホール不要不要
神奈川学園中学校8:40~9:409:40~10:40100周年記念ホール不要11月7日(火)21:00~予約開始
神奈川大学附属中学校8:40~9:409:40~10:40大講義室不要受験生も上履きが必要です
吉祥女子中学校8:40~9:409:50~11:206号館吉祥ホール不要11月19日(日)正午~予約開始
定員300名
当日は受付にて合不合受験票と説明会の予約確認ができるものを紙媒体またはスマホ画面等で要提示
座席は予約申込時のイベント申込番号下3桁で指定
攻玉社中学校実施なし実施なし
埼玉栄中学校8:40~9:409:40~10:402階大教室不要11月上旬~予約開始
定員400名
渋谷教育学園幕張中学校8:40~9:409:40~10:40講堂不要受験生も上履きが必要です
城北中学校実施なし実施なし受験生は上履きが必要です
昭和女子大学附属昭和中学校8:40~9:409:40~10:40グリーンホール不要不要定員600名
受験生は上履きが必要です
逗子開成中学校8:40~9:409:40~10:40徳間記念ホール不要不要受験生は上履きが必要です
成城中学校実施なし実施なし
中央大学附属中学校8:40~9:409:40~10:40講堂不要不要受験生は上履きが必要です
東京都市大学付属中学校8:40~9:409:40~10:40アルママタホール不要不要定員400名
東京農大第一高等学校中等実施なし実施なし別途学校イベントあり(ホームページ参照)
受験生は上履きが必要です
桐光学園中学校8:40~9:409:40~10:40本部棟視聴覚教室不要11月25日(土)13:00~予約開始
豊島岡女子学園中学校実施なし実施なし受験生は上履きが必要です
日本大学豊山中学校8:40~9:409:40~10:40アリーナ不要受験生も上履きが必要です
広尾学園中学校8:40~9:409:40~10:40カフェレストラン不要不要定員350名
富士見中学校8:40~9:409:40~10:40講堂不要定員450名
受験生も上履きが必要です
普連土学園中学校8:40~9:409:40~10:40講堂(新渡戸稲造ホール)不要不要受験生は上履きが必要です
宝仙学園中学校・理数インター8:40~9:409:40~10:40講堂不要受験生も上履きが必要です
本郷中学校8:40~9:409:40~10:402号館地下2階講堂不要11月27日(月)正午~予約開始
山脇学園中学校8:40~9:409:40~10:40YAMAWAKIホール(講堂)不要不要

結果データ

平均点

過去の科目別平均点は以下の通りです。

2021、2022年ともに算数がやや低めですね。

ちなみに過去3年分の平均点の推移を見るとこんな感じです。

過去の傾向からすれば、徐々に平均点は上がり、最終回はやや平均点は高めになっていたようです。

2023年度 問題の講評

以下は模試終了後に更新します。

受験ドクター講評

受験ドクターの講評を簡単に要約します。国語の配信は1日遅れで別動画になったので、下に追加します。

理科

全体講評・平均点予想

  • かなり解きやすい問題が多かった印象
  • 時事要素は入っているが、やっかいな計算問題はなく抑えてほしいところがしっかり入っている問題
  • 理科が得意な子はかなり高得点が狙える、正答率が50%以上の問題はしっかり復習してほしい
  • 平均点予想は55〜60点

[1] 総合問題

  • 問2:時間があるのでしっかり角度を計算して求めてみるとよい

[2] 化学(個体)

  • かなり簡単だった、悩む選択肢もなく短時間で全問正解できておかしくない
  • 間違えた場合、細かな知識で落としている場合は早急に知識を確認する必要がある

[3] 地学(太陽)

  • 問2:太陽高度が上がりながら動くので影は短くなりながら動くことに注意
  • 問5:少し知識を組み合わせて解くことが求められた

[4] 物理(電気回路・電気抵抗)

  • 電気回路はわかりやすいところだったので、並列直列それぞれ数値化して電流の大きさを表せるように
  • 後半の電気抵抗がやや難しかった

[5] 時事問題(熊について)

  • 文章を読む限りはそれほど難しくはない、文章に答えがある
  • 後半の熊の大きさが違う理由については、色んな学校で出ている

[6] 物理(てこ)

  • 計算力を少し要するが、考え方のヒントを与えてくれているので途中まではそれほど難しくない
社会

全体講評・平均点予想

  • 今年狙われそうなテーマが各分野から出されている
  • おさえておいてほしい内容が幅広く網羅された良質の問題が並んでいるので、しっかり復習して入試に繋げてほしい
  • 9月からの4回のテストで全ジャンルを回るようになっているので、この冬休みはこの4回のテストを復習して穴のないようにしてほしい
  • 平均点予想は55点くらい

[1] 地理

  • エネルギーについての出題はどの学校でも狙われる可能性がある、しっかり復習を

[2] 地理(交通)

  • 新幹線は狙われやすい、問題を作りやすい題材
  • 問8:リニア新幹線の工事が遅れている原因は時事トピックとしておさえておく

[3] 歴史

  • 苦手にしている受験生が多い近現代
  • 総理大臣の名前と年号はセットで覚える

[4] 歴史

  • 文化史や外交史は勉強が遅れがちなので直前期に一気に詰めておきたい
  • 聞かれている内容はオーソドックスなので、間違えた問題はきっちり復習すること

[5] 公民

  • 人口減、少子高齢化、子ども家庭庁、省庁再編などはもう一度確認を
  • 問2:ベビーブーマー、丙午など
  • 世界的には人口爆発が問題になっている
算数

全体講評・平均点予想

  • 取りやすい問題と取りにくい問題がはっきりしたセットだった
  • 得点しにくい問題が多く、問題セットとしては難しいものだった
  • 平均点予想は前回と同じくらい、女子70〜75点、男子80〜85点

[1] 計算:(1)は計算のくふうができたかどうか、(2)は解いたあとすぐに確かめができたかを確認

[2] 小問集合:解きにくい問題が混ざっていた
 (2)Cが嘘をついているかが問題から読み取れたかどうか
 (6)平均値と中央値の違いをおさえる

[3] 立体の体積・表面積:解き方の問題はなかったと思う、ミスのないように

[4] 食塩水:お馴染みの問題、自分の解法を持ち合わせた上で解き進められるように

[5] 規則性・数表

[6] 小問集合:今回はそれほど重めではなかったが点数は取りづらかったかも、経験していないと戸惑う問題
 (3)受験年度の2024を素因数分解するというのは必ず一度はやっておく

[7] 文章題:解きにくかった、(1)弁償算が使えたか、(2)不定方程式

[8] 図形の移動:問題文の読み取りが正しくできたかによって作図ができたかが変わってくる
 今回は方眼がついていたが、図形問題が出題される学校を受けるなら方眼なしで解き直してみてほしい

[9] 頭の中の整理が難しい、大問の流れとしては誘導がきいていて良い問題、最後どのくらい時間をかけられたか

国語の解説動画は以下です。

国語

全体講評・平均点予想

  • 国語のできる・できないには次のパターンがある……読めて分かった上でできた・読めていなくてできなかった・読めているけど点にはならなかった・読めていないけど点になった
  • [1]が標準的、[2]が標準よりやや難、語句・知識問題が標準で全体として限りなく標準に近かったのでは
  • 平均点予想は男子90点前後、女子90〜95点

[1] 物語文

  • 比較的簡単だった、読めて解けたという子が多かったパターン
  • 太平洋戦争の最中の話、バックグラウンドの知識は把握できていたのと、知識問題が簡単だった
  • 問6:難度が高かった、一人一人が自分の幸せのために考えて行動していいと言っているところまで深追いしてほしい
  • 記述は簡単だった、選択肢は難問か難しい問題があった、全体としては標準的な難易度

[2] 論説文

  • 素材文がとても難しかった、ただ問題が難しかったわけではない(読めていないけど点になる問題)
  • 素材文は難しいがレトリックが効いていて非常に勉強になる文章なので、しっかり7・8割は理解してほしい、子供に何について書かれていたかを聞いてほしい
  • 学ぶということは別人になること、自分の器・容量を改変していく行為であるということが書かれている
  • 問3-2 抜き出しの時は探す言葉の内容の見当と形の見当をつけてからでないと探してはいけない

[3][4] 知識問題・漢字

  • 標準的

コベツバ講評

コベツバによる算数の講評はこちらです。

算数
  • レベルAが6割を切り84点、レベルCが1問で、残りがレベルBで60点、かなり難易度の高いテストだった
  • 思考力問題が多かった、6-(2)、大問8、大問9
  • 四谷系は(通常は)思考力問題はあまり出ないが、最後8、9と出たので戸惑った人も多かったのでは
  • 7番までは普段通りの技術系
  • 特徴的なのは2-(6)中央値の問題、2年前くらいからポツポツと出始めている、知っていればいい問題で塾で習うこともないがここでおさえてほしい
  • 7番までの使う技術を見直してもらうことが第一、あとはできなかったポイントを見直しつつ志望校に向けて対策を重ねていくことが重要

本家のサイトで詳しい難易度が公開されています。また、[1]〜[7]までの解説が無料配信、[8]以降は有料で配信されています。

コメント